このページを編集する

専門店経営者・ウェブ担当者の方へ、ウェブで見込み客発見!ウェブでの集客・顧客づくりのためのノウハウ・ツールが満載! 

問い合わせ

ウェブ集客の突破口ブログ

生活者のこころに響く、新たな価値の創造を!
2018年07月18日

スマホ、ファーストの社会へ!

 
こんにちは、PR現代の下島(しもじん)です。

目の前で、対面で話をしているのに、スマホの方に気をとられて話はそっちのけ、なんて場面に何回か出くわしたことがあります。まさに「スマホ ファースト!」世知辛い世の中になったものです(笑)

 

iPhoneが2007年に米国で発売されてからすでに10年が経過しました。その間スマートフォンは世界中に普及し、現在は国内全世代平均7割以上が所有する状況となったそうです。総務省「通信利用動向調査2017」によると直近の5年間でさえ約5倍の増加となっています。

 

弊社が提唱している「ウェボリューション®️」は、このような情報爆発社会の中でも生活者から支持されるための「アナログとデジタルを融合したマーケティング革新」です。

 

専門店がウェボリューションを展開することで、ジュエリーやきもの、寝具などにまつわるさまざまな感動体験をお客さまに届け、潜在欲求を顕在化するアクションを生み出すことが可能になったわけです。

 

 

「楽天」「ヤフー」「アマゾンジャパン」のネット通販大手3社が

百貨店の売り上げを抜く時代

 

IT社会、ネット社会においては、生活者の購買行動も変わり、購買チャネルも変わりました。

「プレミアム消費」「ディスカウント消費」「シェアリング消費」など、生活者の消費傾向が多様化しているなか、私たちのビジネスのやり方も大きな変化を要求されているのです。

消費の多様化、情報爆発社会、ますます「モノからコトへ」「所有から利用へ」と消費傾向が変化するいま、もはやモノ中心の販売構造では成り立たず、「顧客感動」を軸にした、新たなビジネススキームの構築が求められているわけです。

 

モノ自体の品質で、高い、安いが決定されるのではなく、総合的な価値により購買行動が決定されるのです。

 

情報爆発社会のなか、生活者のこころに響く、新たな価値を創造しよう!

 

多くの専門店の最大の課題が「次世代の顧客(ファン客)」づくりです。

その背景にあるのは、

 

○顧客の高齢化・固定化・縮小化

○催事主体のビジネスモデルの形骸化

○新規客づくりの停滞

 といえます。

 

その根底にある大きな問題は、「情報爆発社会の中で生活者のこころに響くような価値を発信できていない」ことと思っています。

 

きものマーケットについては、「きものを着たい、着てみたい」と考える生活者はほとんどで、その期待に対してまだまだ応えきれていない!というのが実情です。

 ジュエリーは実はとても深刻な状況と考えています。それは消費者も売り手側もジュエリーに対して飽きてしまっていて、価値を感じていないという方がとても多いように感じる点です。

 

「ジュエリーがあってよかった‼ すばらしい、かけがえのないものだ」という価値を生み出せていないところが多いのです(一部のブランドやショップを除いて)。

 しかし、このような状況を打開すべく挑戦している店もあります。

今回、8月1日(水)に開催する、第53回「夏季セミナー」登壇していただく、「(株)谷屋呉服店」(千葉県香取市、代表 渡邉幸彦 氏)や、「(株)ジュエリーアセットマネジャーズ」(東京都中央区、代表 藤野匡生氏)はその好例といえるでしょう。

 

今年の「夏季セミナー」では、生活者から支持される「アナログとデジタルを融合したマーケティング革新=ウェボリューション®︎」を事例をもとに紹介し、生活者の期待に応えるこれからのお客さまづくりを紹介します。

 

次世代のお客さまづくりを、ウェブとリアルの融合で、ぜひ叶えたいと思う方は、こちらから詳細をご覧ください。


 

登録は下記の友達追加ボタンをタップ!
質問などもLINE@からお送りください。

友だち追加