専門店経営者・ウェブ担当者の方へ、ウェブで見込み客発見!ウェブでの集客・顧客づくりのためのノウハウ・ツールが満載! 

問い合わせ

ウェブ集客の突破口ブログ

ホームページを更新するときに絶対にやってはいけないこと<その2>
2017年08月22日


こんにちはPR現代の斉藤です。

8月23日はウクレレ日だそうです。

 

ウクレレの演奏を聞くと自然と南国に行ったような気分になります。

先週は夏季休暇をいただきましたが、南国に行くことはなく、家でのんびりさせていただきました。

 

ですが私の友人は宮古島に旅行に行ったそうで、宮古島の景色や綺麗な星空の写真などを

見せてくれました。

 

どれも神秘的な写真ばかりで見とれてしました。

家でのんびりするのも良かったけど、もう少し夏らしく過ごせば良かったかなと

少し後悔しました。

 

 

 

来年はしっかり計画を立てよう・・・

 

 

 

さてwebの話です。

今回の話は『ホームページを更新するときに絶対にやってはいけないこと

で書いたその実例についてです。

 

弊社でお手伝いさせていただいている、とある業界の小売専門店さんが新しいウェブサイトを作りました。

我々がお手伝いしているウェブサイトとは違う、他社で作ったサイトということでしたので見に行きました。

 

そのサイトはデザイン性の高いとてもきれいなサイトでした。

そして、専門店らしく商品の詳しい説明、専門用語の説明ページがありましたので読んでみると、

なんだかデジャブというか、どこかでみたことあるなぁーという気がしました。

 

 

まさかと思い、文章を検索にかけてみました。

 

 

すると全く同じ文章が、他店のサイトにも書いてあったことがわかりました。

デジャブを感じた理由は、私が業界の勉強するために参考にしたサイトだったからです。

 

このことをすぐさま報告し、修正していただきました。

 

 

「コピペは必ずGoogleにバレる、Googleはオリジナルの文章を評価する」

 

 

ということを以前にもお話させていただきました。

Googleでなくてもこの私でも、コピペとわかった瞬間なんか残念だなーという気がしてしまいました。

 

 

 

専門店さんだから発信できる情報というのは必ずあります。

自分達では当たり前だと思っていることが、お客様にとっては目にウロコなことだったりするのです。

 

また、お客様からいただいた悩みに対する回答などもユーザーには好まれます。

そのお店ならではの答え、情報をどんどん発信して行きましょう!

 

 

 

 

 

PR現代新刊発売!

弊社「ネクストメディアソリューションズ」プレジデント 神山有史の著書

『100%成果が出るウェブ集客の成功法則』(セルバ出版)

 

おかげさまで、7月28日よりアマゾンにて予約申し込みがスタートしました。

 

または弊社のショッピングカートサイトでもお求めになります。

こちらでお申し込みいただくと、特典がついてきます。

 下記のリンクからご覧ください。

 

アマゾン

PR現代ショッピングカート

 

新規客づくりや新規客の集客でお悩みの方、

また、ウェブでなかなか成果が出ないという方は

ぜひ、PR現代のWebチームまでお問い合わせください。

 

またはこちらのお問い合わせフォームまで!

 

 

弊社からご提案できる

 ウェブサポートメニューはこちら

 

 

※PR現代では、次世代の顧客と社員育成を実現する助成金活用連動型「ネクストショップ」人材育成プログラムを提案しています。

ただいま無料相談実施中!

詳しくこちらへ

タグ: ウェブ  集客  助成金  補助金