専門店経営者・ウェブ担当者の方へ、ウェブで見込み客発見!ウェブでの集客・顧客づくりのためのノウハウ・ツールが満載! 

問い合わせ

ウェブ集客の突破口ブログ

400字詰め原稿用紙をイメージすると!?
2017年07月26日


梅雨明けから一週間。もともとこの夏は「スーパー猛暑」というのが大方の予想だったのですが、実際になってみると実に暑いですね! 

 

そして雨の被害が出ている地域の皆さまに心からお見舞い申し上げます。なんだか切ないと思うのは、降りすぎて被害が出ているところもあるというのに、東京の水瓶の一つ、荒川水系の四つのダムをはじめ鬼怒川流域などでは早くも取水制限が始まっているそうで、「スーパー猛暑」×「水不足」でダブルパンチ! なんとかこの夏を元気に、そしてこれ以上の被害なく、平和に乗り切りたいものです。

 

さて、Webの話です。

またまたアルゴリズムのお話です。

 

アルゴリズムそのものの意味は何度もお書きしている通り、算法などのことですが、ネットの世界で我々が日常的に使う言葉としては、

 

 

主にGoogleが定めた「検索順位を決定する要因」を表します。

 

 

そのアルゴリズムの中には、Googleが「こうですよ」とその存在を明言しているものもあれば、「そうらしい」という噂レベルの物まであって真実はハッキリ分かりません。

なので、私たちはさまざまな仮説を立てては実際にやってみて、そして検証をするという「仮説と検証」を高い頻度で繰り返しています。そして、どうやらこういうことだなと、的を絞っていくわけです。

 

また、世界中にいるSEOの専門家達もまたそれぞれの方法と理論でアルゴリズムを探っていて、それぞれがどのような要因を重要視しているかという情報もチェックをしています。

 

アルゴリズムの変更は私たちが想像している以上に猛烈な頻度で変更されています。ユーザーが探している情報にできるだけ短時間で的確にたどり着けるようにするための「検索」の妥当性やクオリティーこそがGoogleの目標にほかならないからです。

 

そして、最近になってどうやら評価の基準になるらしいことが確実になってきたのが、

 

ブログや新着情報などの「文字数」です。

 

聞くところによると15,000文字以上のものが評価が高いとか? それを伝えたほとんどのクライアントさんが悲鳴を上げました。絶叫マシーン状態です。

 

当社にもライターや、ライティングをする社員はとても多いのですが、そんなプロフェッショナルでも、高頻度で15,000文字の原稿を書き続けるのは現実的に不可能ですよね。

書くにはある程度の時間が必要ですし……、内容も何でも良いというわけではありませんからこれはもう、大変なことです。

 

400字詰めの原稿用紙って学生時代に作文を書いたり、夏休みの宿題で読書感想文を書いたりしましたよね? 

 

思い浮かびましたか? 

15,000文字って、あの原稿用紙38枚です! 笑うしかないですよね~(爆)

 

そこで、信頼できる筋からの情報を集めてみました。

 

すると、どうやら1,000文字前後というのがどうやら妥当なラインらしいです。

 

原稿用紙2~3枚です。最初に38枚と聞くと、ホッとしてしまいそうな枚数ですが、原稿用紙23枚を毎日のように書き続けるのは大変なことです。

 

 

 

しかも、ユーザーが求める有益な情報を発信し続けるとなると、これまで以上に工夫と努力を求められてしまいますね。

 

 

たった数行でもいいから書いてください! 

とお願いをしても、継続できるクライアントさんはごく一部です。

 

 

 

8/8(火) 開催!】第52回 PR現代「夏季セミナー」

『小が大を超える』逆転発想 小売業レボリューション 

詳しくはこちらへ!

 

 

 

新規客づくりや新規客の集客でお悩みの方、

また、ウェブでなかなか成果が出ないという方は

ぜひ、PR現代のWebチームまでお問い合わせください。

 

またはこちらのお問い合わせフォームまで!

 

 

特別キャンペーン実施中

ホームページアクセス解析 1回無料サービス(通常5万円)

お試しWebコンサル体験 1回無料サービス(通常月15万円)

ホームページ診断 1回無料サービス(通常3万円)

(ご訪問の場合、交通費、宿泊費の実費はお願いしております)

 

その他ウェブサポートメニューはこちらまで

 

 

PR現代では、次世代の顧客と社員育成を実現する助成金活用連動型「ネクストショップ」人材育成プログラムを提案しています。

ただいま無料相談実施中!

詳しくこちらへ

タグ: ウェブ  集客  更新  顧客  助成金